北方領土問題とは?をわかりやすくまとめてみた!

北方領土問題とは?をわかりやすくまとめてみた!


安倍政権になってから、北方領土問題もかすかな前進を見せつつある北方領土問題。

「2島プラスアルファ」なんて言葉を耳にすることもあるかと思います。

今回はこの「北方領土問題」について、「問題」になってしまった経緯と現状をまとめました。

少し長めの記事なので、目次をご活用くださいね!

北方領土はどこにあるの?

まずは、場所を把握しましょう。

北方領土

出展:外務省ホームページ|Copyright © Ministry of Foreign Affairs of Japan

北方四島という言葉を聞いたことがあると思いますが、北海道の北東に位置する歯舞群島はぼまいぐんとう色丹島しこたんとう国後島くなしりとうおよび択捉島えとろふとうの北方四島を指します。

北方領土問題とは?

平たく言うと「第二次世界大戦に絡み、日ロ両国がいずれも自国の領土と主張しているが、現状ロシアが実効支配している北方領土をめぐる日本とロシアの領有権の対立」です。

ではどうして両国いずれもが自国の領土と主張するに至ったのか、その経緯を見ていきましょう。

北方領土問題の経緯とは?〜第二次世界大戦まで〜

日本とロシアの間では、戦前から複数の領土(国境)を定める条約を締結しています。

1855年、日露和親条約締結

本条約によって、択捉島と得撫島うるっぷとうの間に国境線が引かれました。なお、樺太においては国境を設けず、これまでどおり両国民の混住の地とすると決められます。

日本政府の見解としては、この条約以前も以降も北方四島が外国の領土となったことはなく、この条約を根拠に「北方領土は正式な日本の領土である」としています。

※日露和親条約=日本国魯西亜国通好条約にっぽんこくろしあこくつうこうじょうやく・日露通好条約・下田条約・日魯通好条約

1875年、樺太・千島交換条約締結

1856年にクリミア戦争が終結すると、ソ連の樺太開発が本格化し、日ソ間の紛争が頻発するようになります。その後、1867年に北緯48度をもって国境を画定しようと交渉するも、不調に終わり、現状維持に。

江戸幕府とソ連は競うように大量の移民を樺太に送り込みはじめ、現地は日本人、ロシア人、アイヌ人の三者間の摩擦が増えて不穏な情勢になってしまいます。

その後、明治に入ってからも両国の紛争が絶えず、1874年に樺太の領有権放棄と引き換えに、千島列島をロシアから譲り受けることを新たに提案したのです。

この条約で日本は、樺太島の領有権を放棄するかわりに、千島列島をロシアから譲り受けることになります。

1905年、ポーツマス条約締結

1904年、朝鮮半島と満州の権益を巡る争いが原因となって日露戦争が勃発します。

終始優勢を保っていた日本でしたが、これ以上の戦争継続が国力の面で限界であったことから、アメリカに斡旋を申し入れ、条約を締結することになります。

内容としては、ロシアは満州および朝鮮からは撤兵し、日本に樺太の南部を割譲するものの戦争賠償金には一切応じない_というロシア側の最低条件での締結でした。

こうして見てくると、ここまでにおいて北方四島がロシアの主権または領土となったことは一度もないことが分かります。
しかし、それが第二次世界大戦の終戦とともに一気に変り始めるのです。続いて見ていきましょう。

北方領土問題の経緯とは?〜第二次世界大戦中以降〜

1941年、日ソ中立条約の締結

1941年、それぞれの領土の保全と相互不可侵をうたった声明書から構成される中立条約を締結します。

当時、日本は日中戦争下であり、日米関係に加え日英関係もが悪化していたので、ロシアとは中立条約を結んでおきたかったのです。
ロシアにおいては、ドイツの対ソ侵攻計画を予見したことから提案を受諾することになります。

なお、条約の有効期間は5年であり、その満了1年前までに両国のいずれかが廃棄を通告しない場合は、さらに次の5年間自動的に延長されるものとされていました。

1943年、連合国が会談。ソ連の参戦を要請。

1943年10月、連合国のソ連、イギリス、アメリカはモスクワで外相会談を持ち、ルーズベルトの意向として、千島列島と樺太をソ連領として容認することを条件にソ連に参戦を要請しました。

1945年2月8日、ヤルタ会談にて秘密協定を締結

もともとソ連は、樺太南部や千島列島の領有を要求していました。
太平洋戦争の日本の降伏にはソ連の協力が欠かせないため、ソ連の要求に応じる形でアメリカのルーズベルトは、1945年2月8日にソ連のスターリンと秘密会談を行い、その後イギリスのチャーチルとの間で秘密協定を結びます。
その中でルーズベルトは、日ソ中立条約の一方的破棄、すなわちソ連対日参戦を促したのです。

1945年8月8日、ソ連、対日宣戦布告

宣戦布告は、ソ連外務大臣から日本の駐ソ連特命全権大使に知らされ、事態を知った大使は日本政府へ連絡を試みますが、モスクワ中央電信局は受理したにもかかわらず日本電信局に送信しませんでした

宣戦布告をしたとは言えず、「奇襲作戦」をとったかたちです。

1945年8月15日、ポツダム宣言受諾

8月15日、日本は「ポツダム宣言」を受諾し、連合国に降伏しました。
しかしソ連軍はその後も千島列島を南下。9月5日までに「北方領土」を占領します。

これをもってロシア側は「第二次世界大戦で北方領土は合法的に自国領になったと」主張し、現在に至っています。

  • 8月18日~8月31日:ソ連、千島列島に侵入(占守島しゅむしゅとうの戦い)
  • 8月25日:南樺太を占領
  • 8月28日~9月1日:択捉・国後・色丹島を占領
  • 9月2日:日本、連合国への降伏文書に調印
  • 9月3日~5日:赤軍が歯舞群島を占領

もちろん日本は、降伏しているので武装解除中に奇襲にあったことになります。

ポツダム宣言ではカイロ宣言が履行されなければならないとしていますが(下引用参照)、カイロ宣言では南樺太・千島には言及されておらず、ポツダム宣言でも千島列島・南樺太に関する言及はありません。
もちろん、四国よりも大きい樺太が『諸小島』に含まれるとは解釈できないでしょうが、宣言ではソ連への千島・南樺太の譲与にも言及がないのです。

ポツダム宣言 八
(和訳原文)「カイロ」宣言ノ條項ハ履行セラルベク又日本國ノ主權ハ本州、北海道、九州及四國竝ニ吾等ノ決定スル諸小島ニ局限セラルベシ

(現代文)「カイロ」宣言の条項は履行されなければならず、また、日本国の主権は本州、北海道、九州、および四国ならびにわれらの決定する諸小島に限られなければならない

参考:カイロ宣言
(和訳原文抜粋)三大同盟國ハ日本國ノ侵掠ヲ制止シ且之ヲ罰スル爲今次ノ戰爭ヲ爲シツツアルモノナリ右同盟國ハ自國ノ爲ニ何等ノ利得ヲモ欲求スルモノニ非ス又領土擴張ノ何等ノ念ヲモ有スルモノニ非ス
右同盟國ノ目的ハ日本國ヨリ千九百十四年ノ第一次世界戰爭ノ開始以後ニ於テ日本國カ奪取シ又ハ占領シタル太平洋ニ於ケル一切ノ島嶼ヲ剥奪スルコト並ニ滿洲、臺灣及澎湖島ノ如キ日本國カ淸國人ヨリ盗取シタル一切ノ地域ヲ中華民國ニ返還スルコトニ在リ

(現代文)三大同盟国(米・英・中)は、日本の侵略を制止し、日本を罰するために戦争をしている。右の同盟国は、自国のために何の利益も要求するものではない。また、領土拡張の考えがあるわけではない
右同盟国の目的は、日本国より1914年の第一次世界大戦の開始以後において、日本国が奪取し又は占領した太平洋における一切の島嶼を剥奪すること、並びに満州、台湾及び澎湖諸島のような日本国が清国民より盗取した一切の地域を中華民国に返還することにある

1951年、サンフランシスコ平和条約締結

この条約で日本は、戦前に領有していた台湾や朝鮮半島をはじめ南樺太・千島列島を放棄することが確定します。

ちなみに、ロシアは署名していません。よって、本来、同条約上の権利を主張することはできないのです。

ここで問題になるのは、「千島列島」の範囲。
第二章 領域 第二条(c)において日本が放棄した千島列島の範囲について、特に南千島(択捉島、国後島)を含むかどうかに解釈上の争いが残っているのです。

第二章 領域 第二条(c) (和訳原文)
日本国は、千島列島並びに日本国が千九百五年九月五日のポーツマス条約の結果として主権を獲得した樺太の一部及びこれに近接する諸島に対するすべての権利、権原及び請求権を放棄する。

その後の北方領土返還に向けた進展

ここまで見てきても、明らかに「北方領土は日本が略奪した土地ではない」ことがわかります。
しかし今日までロシアの実効支配が続いており、武力行使でない以上、交渉でしか物事は進まなくなってしまっているのです。

1956年、日ソ共同宣言

もともとソ連は一島も渡さないと主張していましたが、その後態度を軟化させ、歯舞・色丹を日本領とすることに同意します。1955年のことです。

全権代表の松本俊一が、平和条約交渉は妥結する_と安堵したのもつかの間。日本政府は、国後・択捉も含めた北方四島すべてが日本領であるとの意向を示したため、交渉は行き詰まることになります。

1956年、交渉が再開します。
しかしやはりロシアは譲らず、さらには米ソ冷戦下からくるアメリカからの干渉もあり、交渉は完全に行き詰まります。

結局平和条約の締結はできず、「歯舞・色丹は譲渡するけど、それは平和条約締結後」と盛り込まれた共同宣言という形に落ち着きました。

日ソ共同宣言(昭和三十一年条約第二十一号) 9
日本国及びソヴィエト社会主義共和国連邦は、両国間に正常な外交関係が回復された後、平和条約の締結に関する交渉を継続することに同意する。ソヴィエト社会主義共和国連邦は、日本国の要望にこたえかつ日本国の利益を考慮して、歯舞群島及び色丹島を日本国に引き渡すことに同意する。ただし、これらの諸島は、日本国とソヴィエト社会主義共和国連邦との間の平和条約が締結された後に現実に引き渡されるものとする。

ソ連
ソ連

一島も渡さない!・・・うーん、まぁでも二島なら。。。

日本政府
日本政府

国後・択捉も含めた北方四島すべてが日本領でしょうが!

アメリカ
アメリカ

もし日本が二島返還を飲むなら、アメリカは沖縄を返さんぞ。(諸説あり)

日本政府
日本政府

しゃあない。。とりあえず領土問題に関する交渉継続の旨の約束をソ連から取り付けさえできれば・・

ソ連
ソ連

二島返すのはいいけど、今じゃないよ。平和条約締結できたら_だからね。

1960年、ソ連は領土問題の解決交渉を打ち切る

1960年の日米安全保障条約の改正により、日本全国での軍事基地の使用をアメリカに許可します。

もちろんソ連は黙っていません。
「当該の島を日本に引き渡すことで、外国軍が使用できる領土の拡大を促すことはできない」という理由で、日本領土からの全外国軍隊の撤退というまったく新たな条件を課すことを一方的に声明します。
事実上の領土問題の解決交渉打ち切りです。

もちろん、日本側はこれに反論。国際約束である日ソ共同宣言の内容を一方的に変更することはできないという立場をとり、あくまで四島返還を求める姿勢を強めていきます。

ソ連
ソ連

いやいやいやいや。アメリカ軍が北方領土に基地持つ可能性あるとか無理だから!そんなんありえないから交渉打ち切りね!

日本政府
日本政府

国際約束である日ソ共同宣言の内容を一方的に変更することはできないでしょーが!

1973年10月、日ソ共同声明を発表

1973年、「第二次大戦の時からの未解決の諸問題を解決して、平和条約を締結する」との日ソ共同声明が出されるものの、文書に領土問題は明記されませんでした。

その後もソ連は「領土問題は存在しない」との立場をとり続けます。

1991年4月、ゴルバチョフが領土問題の存在を公式に認める

政治改革「ペレストロイカ」を提唱したゴルバチョフ書記長が登場したことにより、状況が変わりはじめます。

1991年の日ソ共同声明では「歯舞群島、色丹島、国後島及び択捉島の帰属についての双方の立場を考慮しつつ領土画定の問題を含む日本国とソヴィエト社会主義共和国連邦との間の平和条約の作成と締結に関する諸問題の全体について詳細かつ徹底的な話し合いを行った」と盛り込まれ、ソ連が北方領土問題の存在を公式に認めることとなりました。

1993年10月、東京宣言を発表

1991年、ソ連は崩壊し、ロシア連邦となりエリツィン大統領が就任。1993年にエリツィン大統領が来日し、首脳会談の後に東京宣言が発表されます。

宣言には「双方は、この問題を歴史的・法的事実に立脚し、両国の間で合意の上作成された諸文書及び法と正義の原則を基礎として解決することにより平和条約を早期に締結するよう交渉を継続」すると盛り込まれました。

ロシアにとっても今後、民主主義や市場経済の導入を目指すうえで、民主主義国で経済大国の日本は重要なパートナーだと考えられたんですね。

1997年11月のクラスノヤルスク合意では、「東京宣言に基づいて2000年までに平和条約を締結するよう全力を尽くす」ことで日露首脳が合意しました。

1998年4月の日露首脳会談で日本側は「択捉島と得撫島の間に国境線を引くことを平和条約で合意し、政府間合意までの間はロシアの四島施政権を合法と認める案」を非公式に提案(=川奈提案)するもロシアはこれを「香港方式」と批判。。

1998年11月の日露首脳会談で今度はロシア側から「国境線確定を先送りして平和友好協力条約を先に結び、別途条約で国境線に関する条約を結ぶ案」が非公式に提案されました(=モスクワ提案)。

日本政府
日本政府

択捉島と得撫島の間に国境線を引いて平和条約で合意しよ?政府間合意までの間はロシアの四島施政権を合法と認めるからさ!

ロシア
ロシア

いやいやいやいや。それ香港式じゃんね。無理ゲー。
もう国境線確定は先送りにして、別途で国境線に関する条約を結ぶのはどう?

2000年に入るも、話し合いは平行線のまま

2000年5月にプーチン大統領に変わり(日本は森内閣)、1956年日ソ共同宣言を交渉プロセスの出発点と位置づけ、領土問題解決に向けた交渉を促進することを共同声明に明記するも、ロシア側は歯舞・色丹の引き渡し以上の妥協はするつもりがなく、それ以上の交渉進展はなし。。

2005年11月の小泉元首相との日露首脳会談でも、領土問題の交渉と解決への努力の継続を確認する旨を発表したのみにとどまり、具体的な進展は何も得られませんでした。

2013年、安倍総理がロシアを訪問

2012年5月に再びプーチンが大統領になると、日本でも同年12月に第二次安倍内閣が発足します。これを機に交渉が再開していきます。

2013年4月、安倍首相は日本の首相としては10年ぶりにロシアを公式訪問し、「日露パートナーシップの発展に関する共同声明」を発表します。

この中で両首脳は「第二次世界大戦後67年を経て日露間で平和条約が締結されていない状態は異常である」とし、「双方に受入れ可能な形で,最終的に解決することにより,平和条約を締結するとの決意を表明した」と盛り込まれました。

北方領土問題年表まとめ

1855年 日露和親条約締結(択捉島と得撫島の間に国境線が引かれる)
1856年 クリミア戦争終結(ロシアの樺太開発が本格化し、日露間の紛争が頻発化)
1867年 樺太国境画定交渉(北緯48度での国境画定を提案するも不調に終わり、現状維持に)
1875年 樺太・千島交換条約締結(樺太島はロシア領に、千島列島以南は日本領に)
1904年 日露戦争勃発
1905年 ポーツマス条約締結(日本に樺太の南部を割譲)
1941年4月 日ソ中立条約締結(それぞれの領土の保全と相互不可侵を明記)
1943年10月 ヤルタ秘密協定(千島列島と樺太をソ連領として容認することを条件にソ連の参戦を連合国が要請)
1945年4月 ソ連は「日ソ中立条約の延長を求めない」ことを日本政府へ伝達
1945年8月8日 ソ連、対日宣戦布告
1945年8月11日 ソ連、中立条約を一方的に破棄し、南樺太に侵攻
1945年8月15日 日本、ポツダム宣言受諾(樺太島はロシア領に、千島列島以南は日本領に)
1951年 サンフランシスコ平和条約締結(ロシアは未署名)
1955年 ソ連は態度を軟化させ、歯舞・色丹を日本領とすることに同意
1956年 日ソ共同宣言(二島は返還は同意するが、返還は平和条約締結後とする)
1960年 日米安全保障条約の改正(ソ連は領土問題の解決交渉を打ち切りに)
1973年10月 日ソ共同声明
1991年4月 ゴルバチョフが領土問題の存在を公式に認める
1993年10月 東京宣言(平和条約を早期に締結するよう交渉を継続する旨)
2000年5月 プーチン大統領就任(日本は森内閣、交渉進展はなし)
2005年11月 小泉首相と日露首脳会談(交渉進展はなし)
2012年5月 プーチン再選
2012年12月 第二次安倍内閣発足
2013年4月 日露パートナーシップの発展に関する共同声明

まとめ|北方領土問題の解決策とは?

尖閣諸島問題竹島とも同様で、やはり国民1人1人が経緯をしっかりと理解していくことが解決への第一歩だと思います。

歴史的事実と、国際文書を見比べても北方四島はやはり日本領土でしょう。

しかし、ロシアによる実効支配が進み、北方四島にルーツを持つ日本人(またはアイヌの人々)はもうほとんどいないと聞きます。

このままなし崩しに二島返還で本当に良いのでしょうか?

本来であれば、事実にのっとりそのまま返されるべきですが、実質自国の領土になっているものを「はいはい、そうですねお返ししますよ」なんて今後不利になることを受諾するとは思えないですから、日本は「交渉カード」が必要になるわけです。

それがロシアへの経済支援だったり、北方四島の開発・インフラ整備に協力する_ということに繋がってくるんですね。

わたし個人としては、きちんと四島返還を実現してほしいと思っています。
まずはこの記事が北方領土問題を考えるきっかけになればと願います。

記事が気に入ったらシェアをお願いします!

それでは今回はこの辺で!
KEI(@kishikawa1126)でした。

KEI ISHIKAWA
KEI

ツイッターではブログ更新情報も発信中!
気になる方は@kishikawa1126をフォローしてね♪

尖閣諸島問題とは?をわかりやすくまとめました。いつから始まったの?そもそも一体どういう経緯で「尖閣諸島問題」となってしまったのか。アメリカを含めた各国の主張は?解決策はあるのか?といった疑問を一連の流れにしてまとめています。それにしても沖縄県知事はどうしてこの件について言及しないんですかね。

尖閣諸島問題とは?をわかりやすく簡単にまとめてみた

2月22日は竹島の日。慰安婦問題と並行して、半世紀にも渡って韓国との間で問題になっているこの竹島の領土問題。日本が竹島に自衛権を発動しない理由はなんなのか。国際司法裁判所で裁判できない理由は?など、この問題をわかりやすくまとめてみました。

竹島に自衛権を発動しない理由と国際司法裁判所で裁判できない理由







北方領土問題とは?をわかりやすくまとめてみた!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください