詳細プロフィール

KEI ISHIKAWA profile

KEI ISHIKAWA:詳細プロフィール

KEI ISHIKAWA

「英語」がすべてを繋げてくれた

中学受験 ⇒ 中高一貫進学校入学 ⇒ シドニー現地校へ転校 ⇒ 美容専門学校 ⇒ 美容師 ⇒ アパレル販売員 ⇒ 英会話スクールマネージャー ⇒ カナダIT企業 ⇒ フリーランス

ざっくり書くと私の経歴はこんな感じです( ´~` )

うちの父親は大変優秀で、MBAも取得、大手会社役員も務めたバリバリのビジネスマンでした。
(いや、現在形だから、~です。_かな。)
そんな親からの期待は計り知れず、小学校の頃から私は慶應に進むものと刷り込まれていました。ˉˡˍˉ

一人っ子で幼い頃から自由奔放に生きてきたわたしは人と同じことが大嫌い。

さらに、中学時代の多感な時期に海外に出たこともあり、決まったレールを走らない「外の世界」を知ってしまいます。

高校で日本に帰国してからは、「大学には行かない。美容師になる。」の一点張り。

周りの大人からは「大学に進んでからでも美容師になれる」と説得されますが、「やりたいことが明確で、それを実現するために取るべきPathがわかっているのに、なぜ遠回りをするのかわからない」と論破し、そのまま美容専門学校へ進学します。

しかしたったの半年でドクターストップで退職を余儀なくされ、アパレル販売員としてアルバイト生活を送りながら体調を戻し、周りが大学4年生の冬にふと焦り始めます。

KEI ISHIKAWA

わたしこのままでいいの?周りは内定が決まって、春から新社会人なのに、わたしはフリーター。

とはいえ、最終学歴は専門卒
美容師も半年で辞めたわたしにどこの会社がチャンスをくれるでしょうか。

マーケティングなんて言葉も知らないのに、ブランディングをしてみる

そんなこと言っていても仕方ないので、まずは自己ブランディングを考えました。

KEI ISHIKAWA

大卒ブランドにも勝るわたしの強みはなにか。セールスポイントはなんだろう。

そのときに最初に出てきたキーワードが「英語」でした。これしかないと。

英語関係の職種にしぼり、ご縁あって前職の英会話スクールへの就職が決まりました。

ベンチャー企業ということもあり、そしてわたしのサバイバル精神もあり、
うまく会社との方向性がマッチしたことが功を奏し、
入社3年で歴代最年少マネージャーとしてスクールをまとめるまでになりました。୧(・⌔・)୨
(社長、ご指導ありがとうございました!!)

またも「英語」がきっかけで、カナダへ移住

英会話スクール勤務3年目の春に、今のカナダ人パートナーと職場を通じて出会います。
この出会いも「英語」がなければ有り得ませんでした。

その後カナダへの転居が決まり、現地で就活。IT企業に勤務します。

本来、レジュメ世界・コネ社会のカナダですぐに就職できたのは、「英語」力ももちろんですが、
前職で学歴にも劣らない経験をしてきたことが理由なのは火を見るより明らかでした。

即戦力になれること、変化に貪欲なところ、マネジメント経験

この辺りがプラスだったようです。

正社員 → 退職勧告 → 海外在住フリーランスになるw

しかし3年目に「事業移管」が決まり、ビジネスシャットダウンが決まります。
#要は、全員余儀なく退職ですw(本当に「全員解散ーー!!!!」って感じでしたw)

当初はこれまでのように「正社員」での転職を視野に入れていましたが、
もともと安定に不安感を覚えるわたしは、新しいことにチャレンジしたいと思うようになります。

補足変化=「常に良くしていこう」という気を持つのに対して、現状維持を掲げると周りが進化するのと相反して、自身は時代の流れから退化してしまうという私の考え方。

そこで見えてきたのが、フリーランス(業務委託)という働き方でした。

マーケターとして新しいキャリアをスタート

2017年の9月から、トロント大学でDigital Marketing ManagementのCertificateコースを受講していたこともあり、マーケティングの世界にどっぷり浸かることを決めます。

とは言え、何が難しいって「コンテンツマーケティング」や「コピーライティング」まで担うとなると、英語市場ではなかなかネイティブのマーケターには敵わないという現実にぶち当たりました。

ここでまた原点に戻り、自己ブランディングを考えます。

「時差」×「日本語」×「マーケティング」。

ここでは「英語」を一旦外しました。
カナダにいる「日本語の話せる」マーケターとして希少価値を狙う戦法です。

そうして見えてきたのは、「まずは日本企業をターゲットに経験を積む」ということ。

ブランディングは大成功。
ご縁あって、スタートアップの複数企業でマーケターとしてお仕事をいただけることになりました。

今後のプラン

チャンスをくださった最初のクライアントには大変感謝しています。

折を見ながらクライアントを増やして行きたいと考えていますので、
もしマーケターをお探しの方がいらっしゃいましたら、是非一度お問い合わせください。

フリーランスマーケターになりたい方のサポートもこのブログ上で発信していきます。

私が大切にしているこんな想いをこのブログを通して発信して行きたいと思っています。

  • やりたいことはやってみる。
  • やりたくないことはやりたくない理由をしっかり自分でも理解した上で、すっぱり辞める。
  • 自分の可能性には限界をつけない。
  • 想像できることは実現できる。
  • 必ずすべては繋がってる。今の不安も努力も辛抱もどこかで絶対あなたのブランドになります。

最後までお読みいただきありがとうございました!

Don’t dream your life, live your dream!

KEI ISHIKAWA