Home Tags 沖縄

Tag: 沖縄

普天間基地問題?辺野古問題?最新の沖縄問題をわかりやすくまとめてみた!

基地移設問題とは?

普天間基地移設問題とは? (adsbygoogle = window.adsbygoogle || ).push({}); こんにちは、トロントでフリーランスマーケターをしてますKEI(@kishikawa1126)です。 普天間基地移設問題 、または辺野古移設問題。 ニュースでよく聞きますよね。でも何が背景にあって、それぞれの思惑はなんなのか? 皆さんは説明できるでしょうか? 普天間基地を辺野古移設する話はどうなってるの?ていうかそもそもなんで移転の話? 沖縄の主張と政府の主張は?反対意見はなぜ? 今回はこの「沖縄のなんで??」をまとめてみたいと思います。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || ).push({}); 在日米軍について そもそもなんで米軍が日本にいるの? そもそもなぜ日本に米軍基地が存在するのでしょうか? 第二次世界大戦に敗北した日本は、沖縄も含め米軍の直接管理下に入ります。 1951年にはサンフランシスコ平和条約が結ばれ、日本にいた連合国軍は日本から撤退します。 ただし、同時に締結した(旧)日米安保条約により、米軍のみ、日本を守るという名目で駐留が認められます。 憲法9条で軍隊を持てない日本にしては「じゃあ守ってもらおう!」的なことですね。 憲法自体GHQ主導なので、正直すべて計算ずくとも思えますが… 朝鮮戦争が起こると、ソ連や中国、北朝鮮などの東側諸国に対しての抑止力を持った軍事基地として、ベトナム戦争では、爆撃機拠点および後方支援基地としての重要性を重視する方向に変わっていきます。 その後も米軍は基地拡大を進めていきますが、米軍による事件や事故が絶えず、県民による暴動なども起き、返還への動きが強まります。 その後1972年には沖縄返還となり、施政権も日本に返されました。 ただし、現状を見ての通り「アメリカ軍基地を県内に維持したままの返還」となりました。 沖縄米軍基地の規模は? 日本全国には約4万人の米軍が駐留しています。そのうち、約半数は沖縄に駐留しています。 ちなみにアメリカ以外で最も米軍が多い国は日本です…(*_*) 全国の7割以上の基地が沖縄に集中というのはマスコミの嘘! 沖縄本島の20%近くを基地が占めています(県全体だと約10%)。 確かにこの数字は正しいです。 しかし、マスメディアは「全国にある米軍施設の約7割が沖縄に集中している!」と世論を煽ります。 ちょっと待ってください。これは言葉の綾。なんなら数字の綾です。 正確には「アメリカ専用の米軍施設の約7割が沖縄に集中している」のであって、自衛隊や民間空港と共用のものも含めれば、全国の米軍基地のうち約2割が沖縄にあるというのが事実です。 話を戻します。 アメリカが沖縄に基地を維持したい理由は明白です。 それは、アジアに拠点を持っておくことで不測の事態にすぐに対応できるように_。 中東に向かうにしても、軍事拠点として使うにはもってこいなのです。 第7艦隊、ロナルド・レーガンこの原子力空母は横須賀海軍基地を母港としています。 戦時には50~60の艦船、350機の航空機を擁する規模です。この第7艦隊の最大の目的が日本や韓国の防衛ではないことは火を見るより明らかです。 世界最大の艦隊を横須賀に駐留させているのは、ロシア・中国・北朝鮮がアメリカ本土を攻撃するのを防ぐために他なりません。 見かけは「安全保障」ですが、アメリカが自国民を犠牲にしたり、危険にさらしてまで日本を守りたいと思うでしょうか? アメリカもそこまでお人好しではありません。 誰もが自分の得を考えます。 これはアメリカに限った話ではなく、外交では基本なのです。 沖縄における米軍の駐留状況が分かったところで、今度は移設問題を見ていきましょう。 普天間基地移設問題とは? 普天間にある米軍基地を名護市の辺野古へ移転させるかどうかで揉めている問題_です。 なんで移設の話が出たの? まずそもそも、普天間基地は「世界で一番危険な飛行場」と言われています。 この基地は沖縄戦の最中にアメリカが建設を始めたものです。 アメリカは住民から基地建設に必要な土地を取り上げたため、住民は移住を余儀なくされます。 本来、飛行場を建設する場合には、離着陸時の事故や危険を避けるためにも「緩衝地帯」を設けますが、ここでは特に設けられず、飛行場のすぐそばに住宅が建設されてしまうという危険な状況になってしまったのです。(後から密集していったことを考えると、どちらかだけが悪いとは言い切れません) もちろん物理的な事故の危険に限らず、騒音問題もあります。 上記に加え、1995年9月に発生した「米兵少女暴行事件」が起きたことが移設の追い風になります。 移設先に辺野古が上がっているのは? 日米両政府は「沖縄に関する特別行動委員会(SACO)」を設置し、在沖米軍基地の整備や縮小、統合の検討を始めます。 さらに1996年、当時の首相、橋本龍太郎氏と当時のアメリカ大統領のビル・クリントン氏の間で、普天間基地の返還と移設に合意しています。 1999年には当時の沖縄県知事、稲嶺恵一氏が移転先として名護市辺野古沿岸域と表明しました。 当時の名護市長の岸本氏も条件付きとは言え、受け入れを表明します。それに伴い、政府は『普天間飛行場の移設に係る政府方針』を閣議決定します。 橋本龍太郎 ...

STAY CONNECTED

24FansLike
451FollowersFollow
185FollowersFollow