カナダで安くガソリンを入れる方法!【平均3〜12㌣/ℓの割引?!】

こんにちは、トロントでフリーランスマーケターをしてますKEI( @kishikawa1126)です。

トロントのダウンタウンだけで生活するのであれば、車はなくても問題ないですが、コテージに行ったり、遠出するとなるとやっぱり車がある方が行動範囲が広がるんですよね。

うちの場合は、友達のコテージに行くことや、兄弟の住んでいるHamiltonに行くことが多いので車は重宝しています。

でもそこで気になるのがガソリン代。ちょっとでも安く入れたいですよね。

今回は我が家が活用しているトロントでのガソリン代を安くする方法をご紹介します!

注意
この記事でご紹介するガソリンとは「レギュラー」を指します。

トロントのガソリン代の相場

本題に入る前にまずはトロントのガソリン代の相場を把握しておきましょう。

カナダとトロントのガソリン代の遷移

© 2019 GasBuddy/OpenStore LLC|Gas Price Charts

この表は、過去3年間のカナダとトロントそれぞれでのガソリン代の平均値をグラフにしたものです。

2018年2月現在では、だいたい95㌣前後を行き来している感じです。100㌣を越えるとちょっと高いなっていう印象です。

ちなみに、カナダは既知の通りとても広いために、国内でも場所によってのガソリン代の差が結構大きいのも事実です。

カナダで安くガソリンを入れる方法2つ

それではいよいよ本題に入って行きます。

うちで活用しているのはここで紹介する2つの方法です。両方の値段を見て、安い方で入れる_という方法を取っています。

方法①|コストコ (Costco)

コストコ (Costco) でガソリンを入れる1つ目の方法はシンプルなこの方法。

コストコのメンバーシップになっていると、コストコでのガソリン代もメンバー価格となり安くなります。

だいたいの目安として、市内での平均価格の5〜10㌣くらいは安い印象です。

参考までに・・
参考までにこの記事を書いてる当日のダウンタウンのガソリン代が「97.9㌣」、Etobicokeのコストコは「85.9㌣」なので、12㌣も安いです! (@2019年2月9日)
KEI ISHIKAWA
KEI

トロント近郊だと、Etobicokeにあるコストコが安いんですが、基本混んでいるので、土日は避ける方がいいかも..

方法②|RBCのカードとPetro Canadaを連携させると「3㌣/ℓ」オフ!

うちで頻繁に使う方法がこれです!

「え?たったの3㌣?!」と思うかもしれませんが、数十リットル入れることを考えれば、チリツモです。

うちからMuskokaのコテージに行くだけでも250㌔分くらいのガソリンを消費するので、往復で考えれば500㌔分。バカにならんのです。

で、この方法ですが、RBCのカードはクレジットカードでもデビットカードでもOKなので、RBCの銀行口座を持っている人なら使える方法です。

RBCでの銀行口座開設のステップはここでは省きますが、RBCの他に必要なのは「Petro‑Points card」。

これは、Petro Canadaの公式ページからカードの発行およびアクティベーションが行えます。

リワードポイントも付くのでさらにお得!!

毎回のガソリン代の割引はもちろんですが、それに加えて、Petro CanadaとRBCのリワードポイントも付いてくるのでさらにお得なのです!

Petro Canadaのポイントは20%、RBCはクレジットカードと連携している場合にのみ20%分がポイントとして還元されます。

Petro Canadaのポイントは、通常1ℓの給油ごとに10ptが付与される仕組みで、『1,000 points = $1』換算ですが、RBCカードと連携させることでプラス20%のポイント還元が適用されるんです。

RBCのリワードポイントは、ガソリン代に対して、通常1㌦ごとに1ptが付与される仕組みで、『100 points = $1』換算ですが、Petro Canadaと連携させることで、こちらもプラス20%のポイント還元が適用されます。

1回の給油で、50ℓ分(50㌦=100㌣/ℓで計算)を給油するとした場合
  1. Petro Canadaの特典で3㌣/ℓが割引されるので、150㌣の値引き。
  2. Petro Canadaでは、通常ポイント「500pt」+特別ポイント「100pt」=600pt(=60㌣分)
  3. RBCでは、通常ポイント「48.5pt」+特別ポイント「9.7pt」=58.2pt(=58.2㌣分)

よって、①の割引の他に合計118.2㌣分のポイント還元となり、実質のガソリン代は「約94.6㌣」に。
正規価格よりも5.4㌣も安くなります。

RBCの他だと、CIBCもガソリン代に対して1.5倍のポイント還元などを行なっているようですが、方法②に関して言えば、RBC×Petro Canadaが今のところは最強かなと思います。

まとめ|賢く使い分けるのがベスト!

KEI ISHIKAWA

いかがでしたでしょうか?

コストコが近くにある場合はいいんですが、ハイウェイを走っているときやコテージに行っているときなどは「ガソリンを入れたい!」と思ったタイミングでコストコがないことも多いんですよね。

そんな時はやっぱり方法②の「RBC×Petro Canada」にめちゃくちゃお世話になってます。

ちなみに、少し郊外に離れると通常のガソリンスタンドでも市内よりも価格が下がっていることが多いです。(例:Hamilton、Barrie、Guelphなど)

なので、そこでPetro Canadaに行くとさらにお得!ですよ。

カナダで車持ちの方はぜひ参考にしてみてくださいね♪

ツイッターフォローお願いします★