カナダでもアマゾンプライムに入るべき3つの理由

カナダでもAmazon Primeに入るべき3つの理由


この記事では、カナダのアマゾンプライム歴5年目のわたしが、カナダでもアマゾンプライムに入るべき理由を3つにまとめてみました。

日本だとアマゾンプライムってめちゃくちゃ安いんですよね!

¥400/月 または ¥3,900/年。

コスパの判断基準が低いので、入るか調べるまでもなく登録してたと思います。

カナダだと、$7.99/月 または $79/年

日本円にすると、680円/月 または 6,715円/年。(1 CAD = 85 JPYで換算)
つまり、倍はしないけど、日本と比べると割高。。

日本人だとどうしても日本と比べてしまうので「高い!」と思いがちなんですが、それでもわたしはアマゾンプライムをオススメします!

その理由を3つにまとめたので、登録に迷っている方は参考にしてみてくださいね。

カナダ版アマゾンプライムに入るメリット

1|Free 2-day Shippingが使い放題!


まずはこれ、「翌々日配送無料」という点。

日本のアマゾンプライムだと「当日配送」があるので、それに比べれば+1日ですが、カナダ広いですから!!

カナダでネットショッピングをしたことのある人であれば分かると思うのですが、どこで注文しても4〜5日が普通です。

それが2日で届くと思うと、「めちゃくちゃ早い」わけです。
個人的には「当日配送」ってやり過ぎサービスじゃない?!と思うので、2日でまったく問題ないですね。

そして、送料が無料というのはめちゃくちゃ大きいです。

どこのオンラインショップでも送料無料にするには最低購入額が設定されていることがほとんど。

送料無料にするために余計なものを一緒にオーダーしたり、あるいは最低購入額に満たないので購入を諦めたり。

そのストレスが無くなるのがめちゃくちゃいいです!

配送してもらえると思うと、外で買うと持って帰るのが大変なものも気軽にポチれます

例えば・・

  • PCモニター
  • エスプレッソマシン
  • レシピ本(海外の超分厚いので)
  • 詰め替えソープ(約4㍑)
  • 電化製品 など

うちでは、外出時に実物をリサーチしつつ、家でポチるのが恒例です♬

KEI ISHIKAWA
KEI

ちなみに商品によっては、翌日配送に対応しているものもあります!
これもプライムだけの特典です!!

2|Prime Videoが使い放題!


これも外せないですね。

うちでは週末ご飯のとき(金 or 土曜)は、映画を見ながらお酒を飲むっていう日があるんですけど(笑)そのときに活躍するのがPrime Videoでもあります。

我が家では、日本のアマゾンプライムも契約しているので、日本語字幕で映画を見るときはもっぱら日本のプライムビデオを使っているんですが、カナダ版のプライムビデオでも日本語字幕に対応している映画も意外と多いのでオススメです!

海外在住でもプライムビデオは最高です。お急ぎ便など必要ない特典もありますが、それ以上に付加価値の多いアマゾンプライムは海外在住者にもオススメのサービスです!Huluに価格・サービス共に満足できなくなり、プライムビデオに乗り換えたので、オススメポイントをまとめました!

海外在住、Hulu解約しました。日本のプライムビデオに乗り換えた話。

3|Amazon Musicも使い放題!


アマゾンプライム会員であれば、Amazon Musicももちろん使い放題です♬

以前Apple Musicのトライアルを使っていたことがあるのですが、もともとiTunesに入れて整理していた音楽が勝手にアー写が書き換わっていたり、ロックがかかったり、なんだかよく分からないことになって後悔しました。苦笑

Spotifyも考えたんですが、9.99 CAD/月なので、アマゾンプライム会員になって、Amazon Musicを使った方が余計なコストがかからない_という結論に至りました。

もちろん広告はないですし、シャッフル再生も、オフライン再生も可能です。

カナダでもいよいよ2018年9月からAmazon Music Unlimitedのサービスが始まりました。プライム会員なら90日の無料トライアルも付いているので本当におすすめです!プライムミュージックとアンリミテッドって何が違うの?どっちがお得なの?そんな疑問にも答えています!

プライム会員ならAmazon Music Unlimitedが90日無料!【カナダも!】

まとめ

日本だと、楽天、Yahoo!ショッピングにアマゾンと、オンラインショッピングの選択肢が広いですよね。

でもカナダだとほぼほぼアマゾン一択です(笑)

これは消費者にとってはある意味ありがたいかな〜とも思うわけです。

それぞれにプレミアムサービスを契約しなくて済むし、アマゾンしかないから出品者側もアマゾンには少なくとも出品しようとする。

なので、基本的にアマゾンに行けば欲しいものは大概見つかります。(ときどき扱ってないものもあるけどね)

月に1度でも何かをオーダーしたり、音楽を聞いたり映画を見たりするのであれば余裕で元が取れちゃうので、オススメです♬

まずはFree trialから始められるので、迷ってる方はFree trialから登録してみてはいかがでしょうか♬

余談ですが、、
クレジットカードも発送先も複数登録できるので、うちでは旦那とアマゾンアカウントを共有しています。
家に必要なものは「共用のクレジットカードで引き落とし」、プライベートのものは「個人カード引き落とし」と使い分けてます。

それでは今回はこの辺で!
KEI(@kishikawa1126)でした。

KEI ISHIKAWA
KEI

ツイッターではブログ更新情報も発信中!
気になる方は@kishikawa1126をフォローしてね♪








カナダでもAmazon Primeに入るべき3つの理由

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください