【無料の神アドオン】『honey』の口コミと徹底レビュー【使い方も解説】

アドオン「honey」で欲しいものを安く手に入れちゃおう!

日本でのオンラインショッピングというと、アマゾンやYahoo!、楽天に集約されていると思いますが、海外だとそこまですべての商品が揃うわけではなく、各サービス・ブランドの独自のECサイトからのショッピングが主流です。

そんな時に活躍するのが「honey」というアドオン!

今回の記事では、引きこもり代表(≒オンラインショッピング大好き)のわたしがオンラインショッピングでは欠かせないこのアドオンを徹底解説・レビューします!

この記事はこんな人におすすめ

  • ネットショッピングが大好き!
  • ちょっとでも安く買いたい!
  • お得なクーポンコードを見つけたい!
  • 海外のECサイトでもよく買い物をする!
注意
記事執筆時点 (2019-11-12) では、対応している日本のサイトが少ないようです。
(そもそもクーポンコードを発行するようなシステムのECサイトが少ない印象)
とはいえ、アドオン自体は無料なので、試してみる価値は大ありです。
海外ECだとメジャーなので、海外在住の方、海外ECを利用する方は参考にしてくださいね!

「honey」ってこんなサービス!

簡単に言うと「ECサイトで使えるクーポンコードを探して、最安値になるクーポンを適用してくれるアドオン」です。

メルマガなどで「20% off! Use code: VIP20」みたいなのを受け取ったことありませんか?

こんなの↓

Kielsのクーポンコード

© Kiehl’s 2019

ショップはそれぞれ独自にクーポンを発行しているんですが、honey はそれらの情報をネット上で収集してきて、自動的に最安値になるクーポンを適用してくれるんです。

大体どこのサービスもメルマガのキャンペーンなどがあるので、10〜20% off くらいのクーポンは結構な確率で見つかります。
これだけでも大きな値引きなんですが、時には「50% off!」なんて言うジャックポットがある時もあります..!

KEI ISHIKAWA
KEI
ただこればかりはショップ側のクーポン発行状況次第なので、運任せですが..

メリットしかないのに無料で使えるとか神レベル【徹底レビュー】

結論から言うと「使わない方が損」です。

honeyのメリットとデメリット【愛用者の主観で考察】

まずは、メリットとデメリットを見ていきましょう。

honeyのメリット

  • 無料でクーポンが見つかる!
  • 1番安くなる組み合わせでクーポンを自動て適用してくれる!
  • アドオンを入れてショッピングするだけでもポイントが貯まり、実質の値引きに
honeyのデメリット

  • 使えないサイトもある

メリット①:無料でクーポンが見つかる!

まず「とにかく無料」という点が大きいです。
ダウンロードするのにも、使用するのにも一切の費用はかからないので、入れておいて損はないアドオンです。

クーポンコードはネットに出回ってるっちゃ出回ってるので、例えば、こんな感じで調べたりすると出てきたりします。

honeyの使い方

ただこの方法だと、「探すのが手間」「出回っているクーポンコードの中には有効切れのものも多い」というデメリットがあります。

やっと見つかった!と思っても、実際入力してみたら「使えません」とか言われると結構イラっとします。笑

その点、honeyだと、ワンクリックでクーポンを検索して使えるものを見つけてきてくれるのは超神様みたいなアドオンだというわけです。

メリット②:1番安くなる組み合わせでクーポンを自動て適用してくれる!

次がこちら、「1番安くなる組み合わせでクーポンを自動て適用してくれる」という点。

上述の通り、クーポンを探してきてくれたのちに、その中から一番値引率の高いものを勝手に適用してくれます。

クーポンの併用ができない場合は、最大値引きのものを、併用ができる場合は一番値引きが大きくなる組み合わせを適用してくれます

  • 使えるクーポンを探す
  • その中から一番値引き率の高いものを探す
  • 併用できるクーポンを探す
KEI ISHIKAWA
KEI
ここまでをすべてhoneyがやってくれるのは本当に「ハニー💘」と呼びたくなります。

メリット③:アドオンを入れてショッピングするだけでもポイントが貯まり、実質の値引きに

例えクーポンが見つからなくても、対象のサイトでショッピングするだけで、「Honey Gold(ハニーゴールド)」というポイントが貯まります。

クリックで拡大

貯まったポイントは、提携しているブランドやサービスのギフトカードに引き換えられるので、わたしはアマゾンのギフトカードに引き換えてますよ。

デメリット①:使えないサイトもある

当たり前ですが、クーポンを発行していないサイトでは使えません。

こればかりは仕方ないので、honeyのデメリットに載せるのは不本意ですが..他に思いつかなかったので無理やりひねりだしました。笑

つまり、「無料のアドオンだし入れておいて損はなし。使えるクーポンが見つかればラッキー!」といったスタンスで使うのがおすすめです。

honeyの口コミ・感想【実際に使用した人たちのリアルな声】

無料だしアドオンを持ってて損はないこの「honey」。
日本ではまだまだのようなので英語での口コミを集めてみました。

ツイッターで見えてきたのは「無料なのに..!」と言う声。

ちょっとしたものをオーダーするときはほんの数ドル(数百円)の値引きかもしれませんが、パソコンのような高価なものを買うときは一気に実力を発揮します!

ちょっとでもお得を感じたい人は入れておいては損のないアドオンと言えますね。

【超簡単】honeyの使い方・手順を3ステップ解説

honeyの使い方をご紹介します。

honeyの使い方honeyの使い方・手順

  • ステップ①:honeyのアドオンをインストールする
  • ステップ②:ネットショッピングの際、カート(お会計)画面でhoneyアイコンをクリック
  • ステップ③:「Apply Coupons」をクリックし、そのままお会計!

ステップ①:honeyのアドオンをインストールする

ごめんなさい、アドオンの追加方法は他のアドオンと変わらないので割愛します。ご了承ください。

ステップ②:ネットショッピングの際、カート(お会計)画面でhoneyアイコンをクリック

アドオンを入れるとこんな感じで表示されます。
honey に対応していないサイト(クーポンがないサイト)だとこんな感じ↓でグレーで表示され、可能な限り存在感を消そうとします。
honeyの使い方

反対に honey に対応しているサイト(クーポンがあるサイト)だとこんな感じ↓でオレンジで表示され、クリックしてくれや!と言わんばかりに主張してきます。
honeyの使い方

アイコンの下の数字は「見つかったクーポンの数」です。多ければ多いほど、使える可能性は高まります。

いつも通りネットショッピングをして、欲しいものをカートに入れたら、アドオンのアイコンをクリックします。

ステップ③:「Apply Coupons」をクリックし、そのままお会計!

honeyの使い方

そしたら下の「Apply Coupons」をクリックします。

すると自動で適用できるクーポンの中から最適なもの(1番お得なもの)を選び始めてくれます。

honeyの使い方

その後、こんな感じで最適なクーポンが自動的に適用されているんです!!!

honeyの使い方
KEI ISHIKAWA
KEI
すごくないですか?!
この例でも 20%オフ ですよ!!!神様みたい.. さすが愛しのハニー.. 💘w

ECサイトによって多少の表示の違いはあると思いますが、基本こんな感じです!

【結論】honeyはこんな人におすすめです。

最後に、honeyはどんな人におすすめなのかまとめます。

honeyはこんな人におすすめ

  • ネットショッピングが大好きな人!
  • ちょっとでも安く買いたい人!
  • お得なクーポンコードを見つけたい人!
  • 海外のECサイトでもよく買い物をする人!

逆にこんな方にはあまりおすすめできません。

こんな人にはおすすめできません

  • ネットショッピングをしない人

現物を見てその場で買いたい人=ネットショッピングをしない人には必要ないアドオンですが、それ以外のすべての人にはおすすめできる神アドオンです!

一点モノや職人手作り品などならむしろ「おひねり」を付けたくなるものですが、量産型の製品であればできるだけ安く買いたいのが消費者心理というもの!
同じように、ちょっとでもお得にお買い物したい人にはもってこいのアドオンと言えます。

日本サイトでのクーポンコード普及が広まればさらに使える可能性は高まります..!

必ず役に立つ日が来るので、まだ持っていない人は今すぐアドオン追加しちゃいましょう!本気でおすすめです。

それでは今回はこの辺で!
KEI(@kishikawa1126)でした。

KEI ISHIKAWA
KEI
ツイッターではブログ更新情報も発信中!
気になる方は@kishikawa1126をフォローしてね♪

おすすめ記事&スポンサードリンク



アドオン「honey」で欲しいものを安く手に入れちゃおう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください