BOSEのQuietComfortヘッドホンの口コミと感想!徹底レビュー【作業効率爆上がりです】


この記事では、

KEI ISHIKAWA
BOSEのヘッドホン、QuiteComfortの口コミやレビューを知りたい。音質もいいしノイズキャンセルも最高って聞いたけど、、果たして本当なの?メリット・デメリットから利用者の感想や口コミレビューを見てみたいな。

こういった疑問に答えています!

本記事の内容
  • BOSEのヘッドホン、QuiteComfortはマジでおすすめ【徹底レビュー】
  • 口コミ・感想【実際に購入した人たちのリアルな声】
  • よくある質問【疑問を全て解決します】
  • 【結論】BOSEのヘッドホン、QuiteComfortはこんな人におすすめ

この記事を書いているわたしは、2018年4月にBOSEのヘッドホンデビューをしたのですが、思った以上に作業効率が爆上がりしたので、これは!と思い、遅ればせながらも率直なレビューをお送りしたいと思います。

こんな人におすすめの記事です
  • 新しいヘッドホンを探している人
  • 猿耳な人
  • BOSEが気になっている人
  • ノイズキャンセリングが気になっている人
  • 飛行機によく乗る人
注意
この記事では、BOSEのヘッドホンとしてQuiteComfortシリーズに絞ってご紹介しています。ご了承ください。

BOSEのヘッドホン、QuiteComfortはマジでおすすめ【徹底レビュー】

結論としては、冒頭から繰り返している通り「大満足」です!
わたしは5年以上在宅ワークを続けているんですが、BOSEのおかげで作業効率が格段に上がりました。

BOSEのヘッドホン、QuiteComfortのメリットとデメリット【愛用者の主観で考察】

まずは、メリットとデメリットを見ていきましょう。

BOSEのヘッドホン、QuiteComfortのメリット

  • 長時間使用していても、忘れるくらいの着け心地
  • ノイズキャンセリングが神!
  • コードやイヤーパッドなどの買い替えが利く
BOSEのヘッドホン、QuiteComfortのデメリット

  • 夏は耳周りが暑い・蒸れる
  • かきあげバングなど前髪のセットは崩れる

メリット①:長時間使用していても、忘れるくらいの着け心地

わたしの耳は猿耳なんですが、それでもまったく痛くならないんです。

猿耳とは、頭にピタッとくっついた耳ではなくて、ぴょこっと離れてるんですね。
こういう耳の人は耳全体を覆うタイプのヘッドホンじゃないと、ヘッドホンが耳を押し付けるからすぐに痛くなっちゃう。

でも、BOSEのQuietComfortのヘッドホンなら、すっぽり耳全体を覆ってくれる上に、ヘッドホンの内側にも余裕があるので圧迫感も皆無なんです。

KEI ISHIKAWA
KEI
仕事のときは特に、集中力がすべてなので付け心地は最重要項目なので、この点は大きなメリットと言えます!

メリット②:ノイズキャンセリングが神!

ノイズキャンセリングってあんまり期待していなかったんですが、BOSEの技術は「さすが!」の一言です。

BOSEはパイロット向けのヘッドホンも作ってるんですね。

轟音の中でも正確に指示を聞き取らないといけないわけですから、ノイズキャンセリングの精度は高いものを求められます。

このノイズキャンセリングを重宝するのは「飛行機に乗るとき」です。

CAさんに話しかけられたときにヘッドホンを外すと「機内うるさっ!!!!」って耳を覆うくらいの差です。

KEI ISHIKAWA
KEI
これを使い始めてから「よくこの轟音で寝れるな・・」と思うようになりました。まあ前は轟音でも寝てたんですけどね。慣れって怖い・・(笑)

あとは、家でライブDVDを見たり、音楽番組を観たりするときはノイズキャンセリング使って、世界観にどっぷり浸かる_っていう使い方ができます。

KEI ISHIKAWA
KEI
結構贅沢ですよ、この使い方!

メリット③:コードやイヤーパッドなどの買い替えが利く

QC25タイプは、ワイヤレスではないので有線コードが付いてるんですが、コードってどうしても劣化するんですよね。

そして、ヘッドホンの耳パッドも使用していくと劣化していって、表面のカバーが破れ始めます。これはどう頑張っても避けられない劣化です。

KEI ISHIKAWA
KEI
高いヘッドホン買ってもコードや耳パッドがダメになって、買い直しというのはコスパが悪すぎ・・・。

でもBOSEではアクセサリ類の買い替えができるので、気に入ったものを長く使えるというメリットがあるんです。(↓こんな感じ)

BOSEのQuietComfortヘッドホンの口コミと感想!徹底レビュー【作業効率爆上がりです】

デメリット①:夏は耳周りが暑い・蒸れる

BOSEのQuietComfortヘッドホンに限らず、オーバーイヤーヘッドホン全般に言えることなんですが、夏場は暑いです。蒸れます。

室内であればまったく問題ないので、在宅ワーク時や趣味の時間に使う分には何の影響もありません。

夏に外で使うのは、自分の汗っかき度に応じて対応してもらうのがいいかなといった印象です。

KEI ISHIKAWA
KEI
ちなみに、冬場はイヤーマフをしているような感じであったかいですよ。

デメリット②:かきあげバングなど前髪のセットは崩れる

これまた、BOSEのQuietComfortヘッドホンに限らず、オーバーイヤーヘッドホン全般に言えることなんですが、前髪をかきあげバングにしている人や高い位置からフワッとさせている場合は、間違いなく崩れます。

シースルーバングや普通の前髪、斜めに流すタイプ、オールバックであればまったく問題ありません。

KEI ISHIKAWA
KEI
前髪命!!の人は、オーバーイヤーヘッドホンよりもイヤーバズ系を選ぶのが良いかなと思いますよ。

BOSEのヘッドホン、QuiteComfortの口コミ・感想【実際に購入した人たちのリアルな声】

実際にBOSEのヘッドホン、QuiteComfortを購入した人たちの口コミを調べてみました。

口コミに共通しているのは「ノイズキャンセリング」の精度ですね。

KEI ISHIKAWA
KEI
ノイズキャンセリングを使うと没入感に浸れるので、これは間違いなく作業効率が上がりますよ!

BOSEのヘッドホン、QuiteComfortでよくある質問【疑問を全て解決します】

BOSEのヘッドホン、QuiteComfortを購入するにあたって、よくある質問は次のとおり。

BOSEのヘッドホン、QuiteComfortでよくある質問
    • どのタイプを選べばいい?
    • どこで買えば最安値?

その①:どのタイプを選べばいい?

公式サイトでは、最新モデルのQuietComfort 35 wireless headphones IIのみの取り扱いですが、アマゾンや楽天では、1つ前のモデルQuietComfort 25も入手できます。

QC25は、有線タイプなので、ワイヤレスがいい人は、QC35を選べばOKです。

その②:どこで買えば最安値?

QuietComfort 35 QuietComfort 25
公式サイト価格 ¥40,700 取り扱いなし
アマゾン価格 ¥35,640 ¥33,000
楽天価格 ¥28,978 ¥25,000

※表内税込み、価格は2020年12月5日時点

楽天で買うのが最安値のようです。

KEI ISHIKAWA
KEI
楽天カードを使って、買うのが1番お得でおすすめです。

楽天カードを持っていない人は、これを機に新規入会&利用すれば5,000ポイントがプレゼントされるので、実質5,000円分の値引きになりますよ!

\ 年会費永年無料!5,000ポイントプレゼント /

【結論】BOSEのヘッドホン、QuiteComfortはこんな人におすすめ

最後に、BOSEのヘッドホン、QuiteComfortはどんな人におすすめなのかをまとめます。

BOSEのヘッドホン、QuiteComfortがおすすめな人

  • 猿耳の人
  • ノイズキャンセリングのヘッドホンを探している人
  • 飛行機によく乗る人
  • 長時間ヘッドホンを使う人

逆にこんな方にはあまりお勧めできません。

こんな人にはおすすめできません

  • 夏場に外で使いたい人
  • 前髪命!な人

イヤホン・ヘッドホンの質やつけ心地は、仕事の質に直結すると身をもって感じています。

どうにもこうにも今のヘッドホンが合わん!という人は是非BOSEのヘッドホン、QuiteComfortを試してみてください!ガチでQOLが上がるのでオススメです。

それでは今回はこの辺で!
KEI(@kishikawa1126)でした。

KEI ISHIKAWA
KEI
ツイッターではブログ更新情報も発信中!
気になる方は@kishikawa1126をフォローしてね♪

おすすめ記事&スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください