在宅ワークを実現!スキルを身につけられるスクール8選!

在宅ワークを実現!スキルを身につけられるスクール8選!

この記事では、

KEI ISHIKAWA
在宅ワークを実現させたいから、そのためのスクールを知りたい。在宅ワークができるようになるためにスキルアップしたいなあ。在宅ワークをしている人からおすすめのスクール情報を知りたいなあ。

こういった疑問に答えます。

この記事を書いているわたしは、2018年10月からフリーランスのマーケターとして自宅から仕事をしています。

もともと「通勤の意味って何?この時間があればもっとできることがあるのに・・」とか「家で仕事ができれば隙間時間で洗濯機を回したり、掃除機をかけたり、夕食の準備もできるのに・・」と思っていました。

そして「子供ができたらちょっとでも一緒の時間を増やしたい」とも思っていたので、在宅ワークという形に行き着くのは必然的だったのかなとも思います。

そんなわたしが、この記事では「在宅ワークを実現するためのスキルアップのためのスクール」を、成長市場の3つのジャンルに絞ってお届けします!

在宅ワークをしたいなと思っている方は必読ですよ!

まずは何を学びたいのかを決めよう

在宅ワークとはいえ、キャリアも考えていくのであれば、手に職があるのが理想です。

ここでは最近ニーズも人気も高まってきている、下記3つに絞ってみました。

  • 動画編集
  • デザイン
  • デジタルマーケティング

それぞれでおすすめのスクールをご紹介していきます。

動画編集におすすめのスクール

動画編集におすすめのスクール

FIVE G TOKYO クリエイターズジャパン 副業の学校
スタートアップコース
副業の学校
コンプリートコース
入学金 ¥107,800 なし なし なし
受講費 ¥54,780 ¥79,800 ¥14,800 ¥98,000
月額費 なし ¥1,480(3ヶ月目から) ¥1,980 ¥1,980
受講期間 3ヶ月完結 無制限 無制限 無制限
3ヶ月受講の際の総費用 ¥162,580 ¥81,280 ¥20,740 ¥103,940

※表内税込み・2020年11月17日時点

これから在宅ワークを始めたいと思っているなら、動画編集のお仕事が1番おすすめ

5Gの到来とともに、動画需要は高まっています。最近では個人でYouTubeなどで動画配信をする人も増え、企業案件のみならず、動画編集案件は増えてきています。(案件はクラウドソーシングサイトなどでも見つけられます!)

一度スキルを身につけてしまえば、動画編集以外にも、「動画ディレクター」「動画マーケター」「YouTuber」などと活躍の幅を広げられるので、かなり熱い市場と言えます!

KEI ISHIKAWA
KEI
ここでご紹介するスクールはいずれもオンライン講座なので、自宅から自分の好きな時間に学習することができます。

詳しい比較を見ていきましょう。

FIVE G TOKYOとクリエイターズジャパン・副業の学校の比較

いずれも、現役クリエイターから学べるという点では変わりありません。

大きな違いは、受講期間。

FIVE G TOKYOは、3ヶ月でカリキュラムが組まれているので、受講が終われば修了。

一方で、クリエイターズジャパン副業の学校は、月額費を払うことで無制限(無期限)の受講の継続が可能です。

そのメリットは、受講期間中だけでは消化しきれなかった部分を、サロンやサポートサービスを利用して、継続的に質問をしたり添削してもらえるという点にあります。

継続的なサポートや学びを続けていきたい人は、クリエイターズジャパンもしくは副業の学校がおすすめですが、短期集中でサクッと一通りの技術を身につけてしまいたい人は、FIVE G TOKYOがおすすめです。

クリエイターズジャパンと副業の学校の比較

初心者におすすめなのは、受講期間後のサポートもしっかり整備されている「クリエイターズジャパン」ですね。

YouTubeなどの長尺動画の編集では「Premiere Pro」のスキルが基礎となります。

クリエイターズジャパンでも「Premiere Pro」に特化したカリキュラムを組んでいて、案件の取り方から収入アップまでもがきちんとカバーされています。

一方で、「動画編集には興味があるけど、自分に向いているか不安」「続けられるかな・・」「最初から大きな投資をするのは不安」そんな思いがある方は、副業の学校の「スタートアップコース」がおすすめです。

副業の学校の2コースの違い
副業の学校には2つのコースがありますが、スタートアップコースは「Premiere Pro講座」で、コンプリートコースは「After Effects講座」です。
After Effectsとは、特殊効果やアニメーションを用いた映像表現をしたい人や、Web広告・短尺動画を作成したい人向けなので、こちらは上級者向けです。
よって、YouTube向けの動画編集を学びたい初心者は「スタートアップコース」でOKです。

よって、それぞれの動画編集スクールをおすすめな人でまとめるとこんな感じです。

動画編集におすすめのスクール

動画編集の発注相場は、動画の尺や経験値にもよりますが、3,000円〜1万円程度。
仮に、5,000円/件と見積もった場合、10万円の費用回収には、20本の納品ということになります。
2〜3時間で1案件完成させるイメージで、1ヶ月のうち20日の作業日を確保できれば、初月で回収可能ですね。

KEI ISHIKAWA
KEI
少なくとも1〜2ヶ月で回収可能な費用感なので、動画編集スクールはかなり安いと思いますよ。

デザインにおすすめのスクール

デザインにおすすめのスクール

デジタルハリウッド STUDIO by LIG Famm
受講費 ¥495,000 ¥162,800
受講期間 6ヶ月 1ヶ月
スクール 上野 or 池袋 オンライン可
開講時間 火〜金 10:00〜22:00 / 土日 10:00〜20:00 平日 10:00〜13:00
使用するツール Illustrator / Photoshop / Dreamweaver / AdobeXD / HTML / CSS / Javascript Photoshop / HTML / CSS

※表内税込み・2020年11月17日時点

デザインのお仕事も一定の需要があります。在宅でできるお仕事で1番人気といっても良いかもしれません。

「デザイン」といっても、Webデザインからバナーやブログのアイキャッチ画像の作成など幅が広いので、やりたいことに合わせてスクールを選ぶのがおすすめです。

詳しい比較を見ていきましょう。

デジタルハリウッド STUDIO by LIGとFammの比較

主な違いは下記の3つ。

デジタルハリウッド STUDIO by LIGとFammの違い

  • オンラインコースの有無
  • シッターサービスの有無
  • スモールスタート or スキルを完全網羅

まず、デジタルハリウッド STUDIO by LIGでは、オンライン授業もありますが、月に一度のみ。基本的には、上野もしくは池袋のスクールに通う形を取ります。

現在都内でお仕事をされている方であれば、仕事終わりなどに通う方法はありますが、わたしのようにすでにママの場合はなかなか難しいですよね。

一方で、Fammでは、オンラインでの受講もできるので、自宅からレッスンを受けられるのがメリットです。

しかも、自宅からの受講であっても「シッターサービス」が受けられるんです!!

KEI ISHIKAWA
KEI
これ凄くないですか?もちろん費用にシッターサービスも含まれているのも嬉しいポイント。

1日3時間の受講も、シッターさんが来てくれるので、集中してレッスンを受けられます。

もう1つの違いは、何を学ぶかという点です。

デジタルハリウッド STUDIO by LIGでは、6ヶ月という期間を使って、徹底的にWeb制作までを完全網羅していきます。デザイン、HTML・CSS・Javascriptを用いたコーディング、マーケティングスキル、ディレクションスキル等、Webデザイナーとして必要な知識やスキルを学ぶことができます。

一方で、Fammは、「ママが在宅で月に最大20万円程度を稼ぐことに特化したコースであるため、本当に必要な最低限の内容に絞る」ことをコンセプトにしているので、コース内容は最低限の基礎に特化したものになっています。

Fammでは、デザイン講座の他にも「グラフィックデザイナー講座」や「webデザイン中級講座」など幅広く展開しているので、Web制作に進みたくなっても心配ありません。もちろんシッターサービス込みです。

しかも!
コースを取らなくても、コース修了後は無料で学べる応用講座コンテンツにアクセスし放題なんです・・!ここで自習してしまうというのも1つの手かもしれないですね。

よって、それぞれのデザインスクールをおすすめな人でまとめるとこんな感じです。

デザインにおすすめのスクール

  • デジタルハリウッド STUDIO by LIG ※6ヶ月でマルッとデザインスキルを身につけたい人向け
  • Famm ※シッターサービスを使いながら在宅でデザインの基礎スキルを身につけたいママ向け

Webデザイナーへの発注相場は、内容や経験値にもよりますが、バナー作成で数千円、Web制作ができれば10万円程度です。
仮に、バナー制作 4,000円/件と見積もった場合、20万円の費用回収には、41件の納品ということになります。
1〜2時間で1案件完成させるイメージで、1ヶ月のうち20日の作業日を確保できれば、2ヶ月で回収可能ですね。

Web制作までできれば、50万円の費用回収には、5件の納品。1日〜数日を要するとしても、毎週1件ずつ取り組めば、1ヶ月で回収可能です。

KEI ISHIKAWA
KEI
いずれにしても、少なくとも1〜2ヶ月で回収可能な費用感なので、デザインスクールもかなり安い投資だと思いますよ。

デジタルマーケティングにおすすめのスクール

デジタルマーケティングにおすすめのスクール

  • DMM MARKETING WEBCAMP ※転職保障付きのワンストップマーケスクール
  • Wannabe Academy ※完全オンラインで学べるワンストップマーケスクール
  • デジプロ ※マンツーマンのオンライン広告運用スクール
DMM MARKETING WEBCAMP WANNABE Academy デジプロ
入学金 ¥33,000 ¥66,000 ¥33,000
受講費 ¥547,800 ¥264,000 ¥385,000
受講費合計 ¥580,800 ¥330,000 ¥418,000
受講期間 3ヶ月 3ヶ月 2ヶ月
スクール 六本木 & オンライン可 オンライン可 渋谷 or 大阪 or オンライン可

※表内税込み・2020年11月17日時点

インターネット広告市場はこれからも拡大していく期待の業界です。
さらに、マーケター職の給与は全体平均よりも高め!これらの点で近年さらに人気が出てきている職種です。

ちなみに、マーケティングと一言にいっても幅が広い世界なので、何を学びたいのかを見極めるのがポイントです。

詳しい比較を見ていきましょう。

DMM MARKETING WEBCAMP・Wannabe Academyとデジプロの比較

DMM MARKETING WEBCAMPWannabe Academyは、デジタルマーケティングをマルッと学べるスクールである一方、デジプロは広告運用に特化したスクールという違いがあります。

広告運用がやりたい!と決まっている人はデジプロがおすすめ。
特に、広告運用は業務の切り離しがしやすく、在宅ワーク可能な案件が多いのも魅力のひとつです。

「広告も気になるけど、まずはマーケティングについては基礎固めをした上で進む方向を決めていきたい」と思っている人は、DMM MARKETING WEBCAMP、もしくは、WANNABE Academyがおすすめです。

DMM MARKETING WEBCAMPとWannabe Academyの比較

DMM MARKETING WEBCAMPは、オンラインと通学のハイブリッド型の授業が特徴です。(現在は新型コロナウイルスの影響ですべてオンライン授業)

平日は各々でオンライン学習を進め、土曜日は13:00〜18:00で講義とグループワーク・課題発表などの授業が組まれています。
土曜日の授業が固定されているので、ママにはちょっと厳しいかな・・というのが率直な印象ですね。
誰かにお子さんを見ていてもらえるようであれば、選択肢としてはありですが、3ヶ月間続くのでその点はご家庭内での相談が必要かなと思います。

一方で、Wannabe Academyの場合は、平日 13〜21時・土曜 11〜18時の間で自宅から受講が可能です。さらに、10〜22時はチャットワークで相談もできるので、自分の好きな時間で学習を進められるのがメリットです。

KEI ISHIKAWA
KEI
平日の夜や休日だけの受講も入学時のカウンセリングでスケジュールを構築してくれるので、その点もママにとっては安心ですよ!

よって、それぞれのマーケティングスクールをおすすめな人でまとめるとこんな感じです。

デジタルマーケティングにおすすめのスクール

  • DMM MARKETING WEBCAMP ※毎週土曜日の受講が可能な人で、マーケ全般を学びたい人向け
  • Wannabe Academy ※完全オンラインで家庭と両立させながらマーケ全般を学びたい人向け
  • デジプロ ※広告運用に特化して学びたい人向け

マーケティング業界の発注相場は、内容や経験値にもよりますが、こんな感じ。

  • SNSアカウント運用代行:月20万円〜
  • SEOコンサルタント:月数十万〜(基本的に長期契約)
  • 広告運用:月20万円〜(基本的に広告運用費の20%が目安)

SNSアカウントの運用代行を月20万円で受注した場合、35万円の費用回収には、2ヶ月で可能ということになります。
同時に2アカウントの運用代行を受注できれば、初月で回収も可能です。

ママ向けのアカウントや、自分の趣味や経験を生かせるようなアカウントだと親和性も高く、付加価値の提供もできるため、初心者でもSNSアカウント運用代行の受注率が高まるので狙い目です。

KEI ISHIKAWA
KEI
こう見るとデジタルマーケティングのスクールもかなり安い投資ですね。

【まとめ】在宅ワークのためのスクールはかなりアリ!

以上、全8つのスクールをジャンルごとにまとめてみました。

どのジャンルも今後の市場拡大が見込まれているので、今から始めても遅いということはありません。
むしろ、常に変化し続ける業界だからこそ、第一線で活躍している人たちも常に学習している状況です。(マーケターのわたしが断言します)

なので、一度基礎さえ身につけてしまえば、あとは同じラインで勝負していけます。(もちろん経験値に差は出ますが・・)

そして、どのスクールもその後のお仕事ですぐに費用回収ができるので、かなり狙い目・・!

在宅ワークが実現できると、家族との時間を増やせます。家事もすごく楽になるし、何より「時間に追われる」という感覚が減ります。

要は、未来の自分、そして家族への投資ですね。ぜひこの機会にレベルアップしちゃってくださいね!

記事で紹介したおすすめのスクール

それでは今回はこの辺で!
KEI(@zukai_mama)でした。

KEI ISHIKAWA
KEI
ツイッターではブログ更新情報も発信中!
気になる方は@zukai_mamaをフォローしてね♪

おすすめ記事&スポンサードリンク



在宅ワークを実現!スキルを身につけられるスクール8選!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください