海外フリーランスになるならブログは持っておくべき3つの理由

海外フリーランスになるならブログは持っておくべき3つの理由




こんにちは、トロントでフリーランスマーケターをしてますKEI(@kishikawa1126)です。

海外フリーランスに憧れるけど、ブログを始めるべきか悩んでいる。

海外フリーランスになりたいけど、何から始めていいのか分からない。

今回はそんな方々に向けて、現役の海外フリーランサーのわたしがまるっとまとめてみました🙆

この記事の要点● 海外フリーランスがブログを始める理由が分かる
● 海外フリーランスになるために何から始めればいいのか分かる

では早速行ってみましょうー(っ•̀ω•́)っ✎⁾⁾


海外フリーランスがブログを持つべき3つの理由

その壱)ポートフォリオが気付いたら出来上がっている

フリーランスになって何が大切かというと「実績」なんですよね。

シビアですが、目標達成までの過程(プロセス)を重視する人はフリーランスは向いてません

これについては別記事でまとめているので、詳しくはこちらの記事を参照してください。

フリーランスやってみたいけど、わたし向いてるのかなぁ・・?フリーランスって自由で夢があるけど、本当にやっていけるだろうか?そんな疑問をお持ちのフリーランスになろうか迷っている人に向けて、記事をまとめました。この記事を読むと、フリーランスの適性が分かります!では早速行ってみましょ〜( ੭ ・ᴗ・ )੭

あなたは本当に向いてる?フリーランスに向いている人の特徴5つ

エンジニアにしろ、マーケター、ライターにしろ、B2Bの契約であれば、会社の実績が契約率に繋がっていますよね。

フリーランスでもそれはまったく同じなのです。

面接でいくら綺麗事を伝え、かっこいい言葉を並べても、きちんと過去の実績を可視化できていなければ、企業側は安心してアサインできないことを理解しましょう。

フリーランサーにとっては「報酬」でも、企業からすれば「投資」です。

リスクのある物件に投資はしないのと同じですね。

KEI ISHIKAWA

わたしライター希望じゃないのにそれでもブログは必要なの?

はい!!絶対必要です!!!(`・ω・´)キリッ
正確に言うと、文字ベースの「ブログ」じゃなくてもいいですが、YouTubeなどでの発信は必須と思ってください。

わたしの場合はマーケターですが、このブログのおかげで受注が決まった案件が多いです。

特にマーケティング関連の記事をアップしていたわけではありませんが、SEOだけでオーガニック流入数を上げ、PVを伸ばした実績があったんですね。
ちなみに開設11ヶ月で20,000PVを突破しました👏🏼ありがとうございます!

2018-11のPV実績

この実績があったおかげで、受注に繋がりました。

なので、エンジニアでもPMでも、なんならセールスでもブログはやっておいた方が絶対いいです!

その弐)信用貯金ができる

母から幼い頃からずっと言われていたこと。

信用は貯金できるけど、本当に少しずつ。 でも失うのは一瞬 。

企業のブランド力が無い分、フリーランスは自分を商品として売り込まなければいけません

企業であれば体力があるので「●●保証」とかできますけど、フリーランスはなかなか難しい。

信用貯金そこで大切になってくるのが「信用貯金残高」!

ブログやSNSで自分の考え方や誰かの役に立つ情報を発信することで、僅かながらも信用を蓄積することができます🙆
トンデモ発言して干された芸能人とかいますよね。あれは社会的信用を失った例ですね。

さらに海外在住の場合は、対面での打ち合わせができません。すべてオンラインで完結せざるを得ません。

わたしはオンライン(リモート)であることをネガティブに捉えたことはありませんが、まだまだリモートという形態に対し疑心暗鬼な企業が少なくないことも理解しておくべきです。

稼働時間帯も違う、実際に会えない、そういった不安を払拭するには、通常の人よりも余計に信用貯金を意識することが必要だと思います。

海外だとLinkedInも信用貯金として使えるプラットフォームです。これを機に準備しておきましょう👍🏼

海外に住んでいて現地でお仕事している/探している方、外資系でお仕事を考えている方は、持っているとは思いますが、どうしても日本ではまだまだ馴染みがないんですよね…。でもこれは海外では就職・転職ツールとして「定番」なので、この記事を参考に効果的にブラッシュアップしていきましょう~!

LinkedInで実践、プロフェッショナルな英語履歴書の書き方まとめ!

その参)マーケティング力が身につく

え?マーケターじゃないのに?と思ったあなた!

フリーランスとマーケティングそもそもマーケティング力はどの職種でも必須スキルとわたしは考えていますが、特にフリーランスにはマーケティング力は必須のスキルであると思っています。

↑でも述べているように、自分を商品として売り込むわけですから、マーケットを理解し、適切な戦略を考えることは所謂「マーケティング」じゃないでしょうか?

ブログを書くようになると、

  • どうやったら集客できるんだろう?
  • どんなターゲットに向けた記事を書こう?
  • どんなランディングページがいいのかな?
  • この記事はあんまり伸びないけど、何に原因があるんだろう?

などと考えるようになります。

このスキルは、自分の売り込みにも活かせますが、後にフリーランスとして受注してからの仕事でも活かせるようになります。

大小新旧問わず、どんな企業でもマーケティングの知識は必ず必要になるので、身につけておいて損のないスキルです!

まとめ

海外フリーランスの方が、なぜ “特に” ブログを持つべきのかが理解できたと思います。

要は、論より証拠です実績と信用の可視化ってことですね。

デザイナーの方ならPinterestとかInstagramとかも活用しながらポートフォリオメインのブログにしていくのもいいかなと思います。
作品を載せつつ、デザイナーとしての知見を記事にしたり、トレンドをまとめたり🌟

企画提案とかだったらLinkedInのサービス「SlideShare」がオススメです🙆
見てるだけでも面白いし勉強になりますよ♬