ママが選ぶ、買ってよかった!おすすめキッチン家電13選!

ママが選ぶ、買ってよかった!オススメなキッチン家電13選!

こんにちは、ズボラママのKEI(@kishikawa1126)です。

料理は苦手(嫌い)なはずだったのに、気がついたら我が家には10以上のキッチン家電が所狭しと住みついています。

もともと我が家は、旦那が料理バカなのでキッチン家電が増える傾向にあるのですが、今ではわたしも料理のトリコ・・!

ママになった今、これらのキッチン家電にかなり助けられているので、実際に買ってよかったものだけを厳選してご紹介します。

おすすめなキッチン家電13選【ママのためにママが厳選】

おすすめなキッチン家電13選

  • インスタントポット(電気圧力鍋)
  • フードセーバー(真空パック機)
  • スービー(低温調理器)
  • 電気フライヤー
  • スチームオーブントースター
  • ミートグラインダー(ミンチ機)
  • ミートスライサー(薄切り機)
  • フードプロセッサー
  • フードブレンダー
  • ハンドブレンダー
  • スムージーミキサー
  • ミルグラインダー
  • エスプレッソマシン

ひとつずつ紹介していきます!

①:インスタントポット・Instant Pot(電気圧力鍋)

まず何よりもオススメなのが、このインスタントポット。

購入して以来、ほぼ毎日の勢いで使っているアイテムです。

7つ以上の調理方法がこの1つのアイテムで実現できちゃうスグレモノ。

インスタントポットって?
  • 7-in-1 全自動マルチクッカー
    ▶︎圧力調理、炒め物、スロークック、炊飯、ヨーグルト、蒸し料理、保温器が1つの機械で可能!
KEI ISHIKAWA
KEI
圧力機能を使って炊飯にも使っているんですが、ほんの15分でホクホクの美味しいご飯が炊けます!忙しいママにはかなり嬉しいポイント!!

インスタントポットについては、インスタントポットの口コミと感想!徹底レビュー【結論:即買いです】でまとめているので、気になる方はどうぞ。

「インスタントポットの口コミやレビューを知りたい。メリット・デメリットから利用者の口コミレビューを見てみたいな」←こういった疑問に答えます。インスタントポットの口コミレビューや感想の他、インスタントポットでよくある質問まで、5年以上の愛用者が徹底レビューしました。インスタントポットを検討中の方の完全ガイド!

インスタントポットの口コミと感想!徹底レビュー【結論:即買いです】

②:フードセーバー・FoodSaver(真空パック機)

これは一言で言えば「真空パック包装するマシン」。

真空にするというのは「食品の劣化を遅らせる」ということ。

節約の意味も込めて、コストコなどの業務スーパーでまとめ買いをしているんですが、その時に活躍するのがこのフードセーバーです。

1回の料理で使う量を袋に入れて機械にセットするだけで、空気を一気に抜いて口を閉じてくれます。あとはそのまま冷凍庫へポイっ。

ジップロックでもOKですが、ジップロックだと空気を完全に抜けないので、持っても2週間~1ヶ月です。
一方で、フードセーバーだとそれよりも長期間の保存が可能になるのと、ジップロックで保存するよりも鮮度が保てます

KEI ISHIKAWA
KEI
節約の強い味方なので、ママには特に声を大にしておすすめしたいアイテムです!

詳しくは、【節約の味方】神キッチンアイテム『フードセーバー』の口コミと徹底レビューでまとめているので、気になる方はどうぞ。

「フードセーバーのレビューを知りたい。メリット・デメリットから利用者の口コミレビューを見てみたい」←こういった疑問に答えます。徹底レビューから口コミ・感想、フードセーバーでよくある質問、フードセーバーの使い方まで画像付きで徹底解説しています。フードセーバーを買おうか迷っている方は必読です。

【節約の味方】神キッチンアイテム『フードセーバー』の口コミと徹底レビュー

③:スービー・Sous Vide(低温調理器)

低温調理器のスービーも外せません。

火加減が難しい、厚めのステーキやハンバーグにソーセージ、さらには魚料理にホランデーソースまで、スービーがあれば簡単に作れてしまいます。キッチンに張り付いている必要もありません。

料理好きな人にとっては、「ベストオブベスト」で料理が作れ、料理下手な人にとっては、「失敗知らず」で料理が作れるようになる、かなりのスグレモノです。

詳しくは、低温調理器『Sous Vide(スービー)』の口コミと徹底レビューでまとめているので、気になる方はどうぞ。

「低温調理器のSous Vide(スービー)のレビューを知りたい。メリット・デメリットから利用者の口コミレビューを見てみたい」←こういった疑問に答えます。【徹底レビューから、口コミ・感想、低温調理器のよくある質問まで】5年以上の愛用者が徹底解説しています。低温調理器を買おうか迷っている方は必読です!

低温調理器『Sous Vide(スービー)』の口コミと徹底レビュー

④:電気フライヤー・Deep Fryer

4つ目は電気フライヤー!

我が家は電気フライヤーとエアフライヤー(ノンオイル)の両方を持ってるんですが、どっちも用途次第で使い分けています。

電気フライヤーと相性のいいメニューだと、この辺。

  • チキンウィング・手羽先
  • フライドポテト
  • 豚カツ
  • 唐揚げ
  • 天ぷら
KEI ISHIKAWA
KEI
エアフライヤー(ノンオイル)でも十分美味しいのは、クルトンや春巻きです!

詳しくは、電気フライヤーの口コミと徹底レビュー【油料理が超絶ラクになります】でまとめているので、気になる方はどうぞ。

「電気フライヤーのレビューを知りたい。メリット・デメリットから利用者の口コミレビューを見てみたいな。」←こういった疑問に答えます。【電気フライヤーのメリット・デメリットから徹底レビュー、口コミ・感想、よくある質問まで】5年以上の愛用者が徹底解説します!電気フライヤーの購入を検討している人は必読です!

電気フライヤーの口コミと徹底レビュー【油料理が超絶ラクになります】

⑤:スチームオーブントースター・Steam Plus Convection Oven

バルミューダの爆発的人気で、スチームトースターが気になっている方はも多いんじゃないでしょうか?

スチームオーブントースターの何が魅力って、水蒸気の力を利用することで、「外はカリカリ、中はふわふわ」という理想的な焼き加減を実現してくれるところです。

パンのためだけに・・と思われるかもしれませんが、毎朝パンを食べる家庭であれば「毎日」使うキッチン家電なので、費用対効果は抜群です。朝から幸せな気分になれますからね。

パン以外にも用途が欲しい_という場合は、トースター以外の側面を持っているタイプを選ぶのがおすすめ。

ちなみに我が家では、「クイジナートのスチームコンベクションオーブントースター」を使っていますよ。

KEI ISHIKAWA
KEI
このタイプは肉料理や魚料理、野菜なども、みずみずしく美味しく調理できるプログラムが組み込まれています!

⑥:ミートグラインダー・Meat Grinder(ミンチ機)

お次はこちら、ミートグラインダー(電動ミンサー)。

名前のごとく、ミンチ肉を作るキッチン家電です。

我が家ではミンチ肉は買わずに、自宅で必要なときにミンチ肉を作るようにしています。

KEI ISHIKAWA
スーパーでミンチ肉を買えば良くない?
KEI ISHIKAWA
KEI
スーパーで売っているミンチ肉ってどこの部位が使われてるか分からないんですよ。。

切れ端とか、売り物にならない箇所をミンチにしてまとめて売ってる可能性がめちゃくちゃ高いんですね。

しかも、ミンチ肉を買うと用途が限られてしまいます。鮮度も考えると料理の都度買わないといけません。もしくは冷凍保存。

でも、ミートグラインダーがあれば、お肉はお肉で買ってきておいて、上↑で紹介したフードセーバーを使って冷凍保存をしつつ、必要な時だけミンチ肉を作れば節約にもなります。

機械自体は、7,000円くらいで購入できるので、かなりおすすめです!

KEI ISHIKAWA
KEI
ちなみにうちがメインで使うのは、ソーセージを作るときです。笑
ホームメイドソーセージ
ホームメイドソーセージ

⑦:ミートスライサー・Meat Slicer(薄切り機)

我が家には、ミートスライサーもあります。

ミンチ肉を作るのと同じ理由で、用途ごとに「ブロック肉」「ミンチ肉」「薄切り肉(バラ肉)」を買ってくるのって面倒ですし、節約もできません。しかも冷蔵庫や冷凍庫も占有してしまうし。

しかし、ミートスライサーがあれば、コストコなどでブロック肉だけを安く仕入れて、フードセーバーで小分けにして冷凍保存しておけばOK。料理内容に合わせて、ミンチ肉にしたり、薄切り肉にすれば良いのでかなりの節約になります。

KEI ISHIKAWA
KEI
我が家では、ベーコンも一から作っているので、その薄切りにも使用していますよ。苦笑

⑧:フードプロセッサー・Food Processor

フードプロセッサーは、時短にもなるしメリットがいっぱいです。まな板も汚れないし、とにかく万能!

フードプロセッサーの得意分野は「刻む・ミンチ・すりつぶす」。みじん切りなんかは、フードプロセッサーで瞬殺です。

ミンチ肉も作れることには作れるんですが、大きな回転を加えるせいか少し粘り気のあるミンチ肉になるので、ハンバーグや餃子のタネ作り以外にはおすすめしませんが、お菓子作りにはもってこいです!

パイ生地やクッキーの生地作りがめちゃくちゃ楽になります。

詳しくは、フードプロセッサーは必要?レビューと口コミまとめ【ミキサーとの違いは?】でまとめているので、気になる方はどうぞ。

「フードプロセッサーって必要?フードプロセッサーのレビューを知りたい。メリット・デメリットから利用者の口コミレビューを見てみたい」こういった疑問に答えます。【徹底レビュー・口コミ・感想からよくある質問】までを徹底解説!おすすめのフードプロセッサーも紹介。フードプロセッサーの購入を検討している方は必読です。

フードプロセッサーは必要?レビューと口コミまとめ【ミキサーとの違いは?】
KEI ISHIKAWA
KEI
わたしはこの本↓を購入してパン作りなんかも始めましたよ!

⑨:フードブレンダー・Food Blender

いろんなタイプのブレンダーが出ていますが、我が家で使っているのは、バイタミックスのE310モデル

機種によっては固いものはNGとしているものもありますが、バイタミックスであれば、氷なども含め硬いものもお茶のこさいさいに粉砕してくれます。

アーモンドミルクを作ったり、ナッツバター(ピーナッツ以外にもマカデミアバターなどを作ってます!)や氷を入れてフラペチーノなどが簡単に作れるようになります。

硬い野菜の芯まで粉砕してくれるので、フードロスも減るのは嬉しい点です。

詳しくは、Vitamix(バイタミックス)を使ってみた感想!口コミと徹底レビュー【結論:コスパ最高です】でまとめているので、気になる方はどうぞ。

「Vitamix(バイタミックス)の感想を知りたい。メリット・デメリットから利用者の声を聞いてみたいな」←こういった疑問に答えます。【実際にバイタミックスを使ってみた感想から、口コミやよくある質問まで】を愛用者が徹底解説しています。Vitamix(バイタミックス)を買おうか迷っている方は必読です!

Vitamix(バイタミックス)を使ってみた感想!口コミと徹底レビュー【結論:コスパ最高です】
KEI ISHIKAWA
KEI
ちょっとお値段は張りますが、栄養満点で健康志向も高まるので、家庭向きかなと思いますよ!

⑩:ハンドブレンダー・Hand Blender

はい、我が家にはハンドブレンダーもあります。

ハンドブレンダーとは、手持ちで使える、攪拌(かくはん)するためのキッチン家電です。

先端のアタッチメントを付け替えることでいろいろな使い方ができますが、主な用途は「混ぜる」「刻む」「潰す」「泡立てる」といった調理。

ハンディなので使い勝手が良く、鍋で小豆を温めながらおしるこを作ったり、コーンスープを作ったりもできます。

KEI ISHIKAWA
KEI
離乳食作りにもおすすめです!フードプロセッサーやブレンダーほどの量が必要ない時は、ハンドブレンダーが便利です。

11:スムージーミキサー・Smoothie Blender

いくつ持ってんだって話ですが、スムージー用のミキサー(ブレンダー)もあります。

このタイプは小振りなのでキッチンカウンターに置きっぱなしにしておけるので重宝しています。

KEI ISHIKAWA
KEI
スムージー用にしか使っていませんが、スムージーは手軽に飲めるドリンクなので、サクッと作りたいのでそれ用に持っています。

おすすめのスムージーは、こんな感じ。

  • バナナ 1本
  • 冷凍ベリー(バナナと同じくらいの量)
  • 水 100〜150ml(牛乳だと濃厚になります!)
  • ヨーグルト 3スプーンくらい
  • プロテインパウダー(砂糖の代わりとして)

小腹が空いたときにおすすめです!お試しあれ。

12:ミルグラインダー・Mill Grinder

ミルグラインダーは、コーヒー豆やスパイスなどを粉末にするキッチン家電です。

我が家には、コーヒー用のグラインダーは別であるので、このタイプはスパイス用に使用しています。

チリバウダーを作ったり、ペッパーミルから胡椒(こしょう)を挽いたりと、用途はさまざま。

KEI ISHIKAWA
KEI
料理の幅がグッと広がるので、料理好きならチェックしておきたいアイテムかと思いますよ!

13:エスプレッソマシン・Espresso Machine

家庭用の本格エスプレッソマシンもかなりおすすめです。

1〜3万円くらいで買えるタイプもあるのですが、そのほとんどが「シングルボイラー」。

シングルボイラーでは「抽出」と「スチーム」を1つのボイラーで行います。ボイラーさんを両方に使いまわすっていう感じですね。1つのボイラーを使いまわしているので、同時に抽出とスチームはできません。

抽出に最適な温度と、スチームの温度とでは差があるので、シングルボイラーでは切り替えが必要です。また、抽出温度によってコーヒーの味わいは変化するので、シングルボイラーだと温度が安定しないっていうデメリットがあります。

一方で、ダブルボイラーでは、抽出用のボイラーと、スチーム用とそれぞれが存在するタイプなので、安定した味を楽しめるという大きな利点があるんです。

KEI ISHIKAWA
KEI
コーヒー好きならダブルボイラーのエスプレッソマシンをおすすめしますよ。ちょっと値段は張りますが、毎日飲むものなので、投資としてはアリです!スタバに行く必要がなくなります。

毎日スタバでラテを買ってるとして、ほぼ1年分の金額でこのエスプレッソマシンが手に入ります。2人で使えば半年で元が取れる計算です。かなりの節約じゃないですか?